日本の家庭でホームステイ! Homestay in JAPAN!!
ホームステイプログラム 学ぶ:Homestay in JAPAN!! 泊まる:Homestay in JAPAN!! 遊ぶ:Homestay in JAPAN!! ホームステイ体験談 日本について ネクステージ会社概要 ホストファミリー募集
Homestay in JAPAN!! > 学ぶ〜日本の学校について〜
ホームステイお問合せ
COOL日本短期留学
ホームステイプログラム:Homestay in JAPAN!!
学ぶ:Homestay in JAPAN!!
泊まる:Homestay in JAPAN!!
遊ぶ:Homestay in JAPAN!!

学ぶ 〜日本の学校について〜

日本に留学しよう!

〜高度な技術と発達した経済〜
日本は高度な科学技術を持ち、経済的に発展した国です。大学や大学院、企業の研究所では、毎日先進的な学術理論は、世界の人々の生活や社会を支える道具となり、考え方となっています。
社会基盤として、多様な高等教育が行われています。日本にある大学の数は700以上、専門学校の数は3,000近くあります。法律、経済、工学、理学などの伝統的な学問領域から、環境・情報・観光などの現代的な分野、漫画やアニメ、コンピューター・ゲームの分野まで、非常に幅広い教育が展開しています。

〜独特な文化〜
日本語や日本文化には独自性があります。しかし、一見すると特殊に見える日本の文化も、その中で生活してみると、それぞれに原因があり、さらに世界の人々とつながる共通の基盤に立っていることも理解できるでしょう。日本に留学することによって先進、専門の知識を得るだけではなく、日本語を習得し、日本文化を理解することは、同時に、自分の国や言語への理解、さらに世界への理解を深めるはずです。このような多文化理解は、留学よってこそ得られるあなたの新しい個性といえるのではないでしょうか。

〜日本に留学しあなたの夢を叶えよう!〜
日本留学を終え、日本の会社に就職したり、母国で日系の企業や日本と関係の深い会社に就職したりして活躍している人たちがたくさんいます。もちろん「成功」は誰にでも手に入るものではありませんが、慣れない文化、言葉の中で悩みながら、新しい発見をし、日本での「成功」にチャレンジしてください。

〜まずは将来のことを考えてプランを立てましょう!〜
あなたがしたいことは何ですか?「日本で就職?」「自国で就職?」なぜ日本に行きたいのかをまず考えましょう。

〜日本で就職を希望している方へ〜
日本の会社に就職するためには、短期大学または大学学部を卒業していることが基礎資格です。
日本以外の国の短期大学または大学学部を卒業した人はすでに基礎資格を有しています。日本の専門学校を卒業し、専門士の資格がある場合も就職の基礎資格があります。しかし、基礎資格だけでは日本の会社に就職することが難しいのは当然です。日本の会社に就職するためには、日本人学生と同様の就職活動を行わなければなりません。高い日本語能力と日本社会の習慣などについて知っておく必要があります。仕事で必要となる知識も身につけておかなければなりません。さらに、日本人学生の持っていない個性も主張することによって、日本での就職が可能になるでしょう。

留学期間の決定

日本留学の期間が長ければ、日本語力が向上し、日本人の考え方や習慣をよく知ることができますが、それだけ学費や生活費が多くかかります。目的にあわせて無理のない留学期間を考えてみましょう。仮に、数カ月から1年程度の留学を短期留学、2〜3年を中期留学、それ以上を長期留学と呼ぶことにしましょう。

【短期留学】
短期留学としては大学間交流協定を利用する方法があります。あなたが母国の大学に在籍してれば、このプログラムに参加するのがよいでしょう。大学を卒業した人なら、研究生として6カ月または1年、日本の大学院で専門の研究をすることができます。専門分野によっては、日本語能力を要求されません。あなたが母国の大学に入学していない場合は、短期留学の目的を日本語学習に絞るのがいいと思います。大学の日本語別科で1年間日本語を学びながら、日本の生活を体験することができます。もっと短い語学留学としては、日本語学校で6カ月学んで日本語の簡単な会話力を身につける方法や、夏期集中日本語講座などで日本語の基礎を学ぶ方法もあります。その他、すでに母国で十分な日本語力を身につけた人ならば、大学の聴講生として、6カ月または1年間専門科目を学ぶ方法もあります。

【中期留学】
中期の留学としては、1年間日本語学校で学んだあと、専門学校や短期大学に進学する方法があります。日本語学校では1年で日本語能力試験2級程度のレベルになることを目標にするのがよいと思います。そのようなカリキュラムを持った日本語学校を探しましょう。英語で学べる修士課程もあります。すでに英語で講義を聴く力を持っていれば、日本語学習の負担なく修士号をとることができます。

【長期留学】
長期の留学が可能な人には、様々な方法があります。母国で大学を卒業した人であれば、日本語学校で1〜2年学んだ後、大学院の研究生または修士課程に進学するのがよいでしょう。英語が上手なら、英語で学べる修士課程・博士課程に直接入学してもよいでしょう。まだ大学を卒業していない人であれば、日本語学校で1〜2年学んだあと大学学部で4年間勉強して学位を取るか、専門学校で2年程度勉強して専門士の資格をとるのがよいでしょう。

留学の経路

日本の短期大学、専門学校、大学学部、大学院に入学する方法は一つではありません。大きく次の3つの経路があります。

 A方式:日本にある日本語学校で日本語を学習した後、大学や専門学校に入学する
 B方式:来日して大学や専門学校を受験し、合格したら入学する
 C方式:海外で受験し、入学許可を得て来日する

どの経路をとるかによって、情報収集の方法や入学試験の受け方、ビザの手続きが異なります。また、留学期間や費用が異なります。どの方式にも長所と短所があります。以下に各方式の長所と一般的に短所と考えられることを整理してみました。自分にとって無理のない留学計画はどれか考えてみて下さい。

【A方式】
A方式は、まず日本語学校の入学許可を得て来日し、日本にある日本語学校で日本語を学習したあと、大学や専門学校を受験して入学する方法です。この方法の長所は次のような点です。
○母国で日本語学習する時間をあまりかけなくてよい
○日本語学習に6カ月〜2年の期間をかけることにより、日本留学の基礎となる日本語力をしっかりと固めることができる
○日本語学習期間中に、日本の生活に慣れることができる
○日本で進学先の情報を探すので、母国で調べるよりも簡単に詳しい情報が入手できる

これに対して、この方法の短所は次のような点です。
●来日してから大学などを卒業するまでの期間が長くなり、学費と生活費などをあわせた留学費用の総額が高くなる。
●日本語学校の学生は学校や入管から管理されることが多い
●日本語学校には経営が安定しないところもある
●日本語学習期間は最長2年までとなっているため、2年の間にどの大学や専門学校にも合格しない場合は、帰国しなければならない

【B方式】
B方式では、まず母国で進学先の学校の情報を入手し、出願して受験票を送ってもらいます。受験の日にあわせて来日し、大学や専門学校を受験します。いったん帰国して合否結果を待ち、合格したら再度来日して入学する方法です。B方式には以下のような長所があります。
○A方式より来日してから卒業するまでの期間が短いので、留学費用の総額はA方式より低くなる
○もし入学試験に失敗しても、母国で次のチャンスを待てばよいので、時間的、経費的な負担が少ない
○90日の在留期間内に、受験・合格発表・入学手続きが終了すれば、「留学」の在留資格に変更し、帰国することなく日本に滞在することもできる

これに対して、次のような短所があります。
●母国で十分な日本語力(学校によっては英語力)を身につけておく必要がある
●母国から直接出願できない場合は、日本にいる友人・知人や親戚を通じて出願手続きを行わなければならない
●日本留学試験と進学先の試験の両方を受けなくてはならない場合は、何度か母国と日本とを往復しなければならない。往復しない場合は、滞日期間が長くなり、それだけ滞在経費がかさむ

【C方式】
短期大学、大学、大学院の中には海外で日本留学試験を受験しているとその成績で入学許可を出すところがあります。日本留学試験を利用して渡日前入学許可を実施する学校のリストは以下のウェブサイトにあります。ただし、現在のところ中国では日本留学試験が行われていません。また、日本留学試験をしなくとも、海外で入学試験を実施して入学許可を出したり、海外から送られてくる書類だけを審査して入学許可を出すところもあります。このような選考方法を「渡日前入学許可」と呼んでいます。

C方式による留学方法の長所は次の通りです。
○来日してから卒業するまでの期間がA方式より短いので、留学費用の総額はA方式より低くなる
○B方式のように来日して受験する必要がないので、時間や費用の負担がB方式よりも少ない
○来日してすぐに専門の勉強を始めることができる
○国立大学法人の大学院研究生は、海外から送られてくる書類を審査して入学許可を出すところが多い

これに対して、C方式には次のような短所があります。
●母国で十分な日本語力(学校によっては英語力)を身につけておく必要がある
●渡日前入学許可を実施している学校が少なく、選択の幅が狭い。(出願できる大学学部は41校、短期大学は10校、大学院は3校と限られており、かつその大学すべての学部や学科で渡日前入学許可を出しているとは限らない)
●母国では十分な学校情報が入手できなかったため、その学校が期待と違っていたことに入学後わかることがある。

学校の選択

【日本語学校】
日本語を初歩から学ぶことのできる学校です。日本語のみを学ぶことを目的とする学校・課程と専門学校・短大・大学学部への進学を目的とする学校・課程があります。準備教育課程では、日本語以外に数学や総合科目、理科などの科目の授業を行っています。同じ日本語学校の中に複数の課程がありますので、日本語学校を選ぶだけではなく、目的にあった課程を選ぶようにしましょう。日本語学校を卒業しても学位は取得できません。けれども、課程を修了したことの証明書や日本語能力試験1級または2級の認定証は、日本や海外において就職や進学するときに役に立ちます。
→日本語学校ページ

【専門学校】
高等学校を卒業した後、職業や実生活に必要な知識、技術、技能を身につけるところが専門学校です。12年の学校教育を修了していることが入学資格となります。2年で卒業するところがほとんどです。入学時期は4月です。専門学校におかれた課程の90%で「専門士」という資格を取ることができます。母国で大学を卒業していない人は、専門学校で「専門士」の資格をとると、日本の会社に就職するときの入管法上の要件の一つを満たすことができます。専門学校に設けられている専門分野には次のようなものがあります。
医療、工業、商業実務、衛生、教育、社会福祉、服飾、家政、農業、日本語、アニメ、料理・製菓、旅行・ホテルなど
→専門学校ページ

【短期大学】
高等学校を卒業した後、職業人として必要な技能や教養を身につけるところが短期大学で、入学資格は12年の学校教育を修了していることです。入学時期は4月で、最短で2年間(医療技術や看護の分野は3年間)学んで、卒業すると「準学士号」という資格を取ることができます。母国で大学を卒業していない人は、短期大学で「準学士」の資格をとると、日本の会社に就職するときの入管法上の要件の一つを満たすことができます。
短期大学に設けられている学科(専攻)には次のようなものがあります。
造形、写真、服飾美術、音楽、演劇、美容、ビジネス、経営情報、秘書、生活造形、生活科学、生活文化、ライフデザイン、キャリアデザイン、環境文化、国際文化、英語、日本語(国語)、日本史、農業、社会情報、社会福祉、情報コミュニケーション、健康栄養、食品科学、歯科衛生、衛生技術、看護、柔道整復、保育、幼児教育、数理、自動車、建設、エンジニアリング、テクノプランニング、生産システム、土木、電子情報、観光、神学

【大学】
高等学校を卒業した後、専門的な内容について理論的、体系的に学ぶところが大学学部です。12年の学校教育を修了していることが入学資格です。入学時期は4月がほとんどですが、9月または10月に入学できるところも少しあります。最短で4年間(医学部と獣医学部は6年間)学びます。卒業すると「学士号」という資格を取ることができ、日本の会社に就職するときの入管法上の要件の一つを満たすことができます。
日本の大学には、伝統的には文学部・教育学部・法学部・経済学部・工学部・理学部・医学部・農学部・芸術学部などが設置されています。この他にも社会学部や経営学部もあります。法文学部や理工学部のようにまとまっているところもあります。また、国際○○学部や、環境○○学部、人間○○学部、観光学部などの名称を持つ学部は、比較的新しく作られた学部です。
→大学ページ

【大学院】
大学院には修士課程と博士課程があります。4月はどの大学院も入学できます。4月と10月の年2回入学時期を設けているところも少なくありません。修士課程の最短修業年数は2年、博士課程は3年のです。ただし、医学と獣医学の分野の大学院研究科には修士課程はなく、博士課程のみあり、最短修業年数は4年です。16年の学校教育を修了している人は修士課程の、18年の学校教育を修了している人は博士課程の入学資格があります。その他、実務経験などを審査して入学資格が与えられることもありますが、審査に時間がかかるので、必要な年数に満たない場合は、早めに大学院に問い合わせた方がいいでしょう。
修士課程を修了した人には修士号という学位が与えられます。3年の博士課程を修了した人には博士号という学位が与えられます。修士号または博士号の資格があると、日本の会社に就職するための要件を満たすのはもちろんです。大学の教員や研究所の研究員の仕事では、修士号あるいは博士号をもっていることが条件となる場合もあります。修士課程を修了した人には修士号という学位が与えられます。3年の博士課程を修了した人には博士号という学位が与えられます。修士号または博士号の資格があると、日本の会社に就職するための要件を満たすのはもちろんです。大学の教員や研究所の研究員の仕事では、修士号あるいは博士号をもっていることが条件となる場合もあります。大学院には研究者を養成することを目的とするところと、高度な職業人を養成することを目的とするところとがあります。どちらであっても、日本の大学院は何かを教えてもらうところではありません。指導教員の先生はあなたの研究がうまくいくようアドバイスをしてくれますが、あなたの知らないことを手取り足取り教えてくれるわけではありません。

入国の手続き

【1】入学許可書を取る
A方式とC方式で日本に入国するためには、まず日本にある学校に入学を許可される必要があります。その後、日本で「留学」または「就学」の在留資格認定証明書交付申請の手続きを行い、次にあなたの国の日本大使館または領事館で「留学」または「就学」の入国ビザを申請を行います。
B方式で日本に受験に来る場合は、出願書類か受験票を添えて「短期滞在」の入国ビザを申請します。来日して受験したあと一度帰国する場合は、入学許可書が送られて来るのを待ち、A方式またはC方式と同様の手続きを行って下さい。「短期滞在」の入国ビザで来日して受験したあと、そのビザの在留期限が来ない間に入学許可が出た場合は、日本の入国管理局に在留資格変更許可申請を行い、引き続き日本にいることができます。

【2】「留学ビザ」と「就学ビザ」
日本の学校で学ぶための在留資格には、「留学」と「就学」があります。あなたの在留資格が「留学」になるか「就学」になるかは、入学予定の学校や課程によって決まります。
○在留資格が「留学」の学校・課程
 専門学校、短期大学、大学学部、大学院ならびに日本語学校の予備教育課程
○在留資格が「就学」の学校・課程
 上記以外の日本語学校、課程
同じ日本語学校の中に予備教育課程とその他の課程がある場合も、予備教育課程の学生は「留学」、その他の課程の学生は「就学」となります。

【3】「留学ビザ」と「就学ビザ」の在留期間
在留資格「留学」は一回の許可で得られる在留期間が2年または1年です。これに対し、「就学」の在留資格は一回の許可で得られる在留期間が1年または6カ月です。1年以上の日本語の課程に入学する予定なのに在留期間が6カ月しかないのはとても不便です。1年以上の課程に入学する予定の人は、1年の「就学」資格を得ることができるかどうか、入学予定の日本語学校に必ず確認するようにしましょう。

【4】入学許可から査証申請まで
入学許可を得たら、日本にある入国管理局に対して「在留資格認定証明書交付申請」という手続きを行わなければなりません。あなたはまだ母国にいますから、誰か日本にいる人に手続きをお願いする必要があります。日本語学校や専門学校に入学する予定の人は、学校がこの手続きを行ってくれます。
短期大学や大学学部や大学院に入学する予定の人は、学校がこの手続きを行っていくれる場合とそうでない場合があります。日本に住んでいる親戚などがいる人はその人にこの手続きをお願いすることになります。しかし、親戚などがいない場合は、学校にその事情を連絡し、学校に申請を行うよう改めて依頼して下さい。申請してから在留資格認定証明書が交付されるまで、「留学」なら2カ月ぐらい、「就学」なら3カ月ぐらいかかります。学校から(あるいは親戚などから)在留資格認定証明書が送られてきたら、それを持ってあなたの国にある日本大使館または領事館に行って、「留学」または「就学」の入国査証(ビザ)を申請して下さい。

【5】審査に関して
「在留資格認定証明書交付申請」では次のようなことが審査されます。
1. 入学許可を得ているか
  母国の学校の卒業証明書、日本の学校の入学許可書などによって審査されます。
2. 日本で学びながら生活するための費用を準備しているか
  銀行残高証明書、両親などの収入証明書などによって審査されます。
実際には留学費用があっても、書類が不備のために在留資格認定証明書が交付されないことがあります。在留資格認定証明書が発行されなければ、学校の入学許可書があっても日本に留学できないことになります。次の入学のチャンスを待たなければなりませんので、学校とよく連絡を取って下さい。
また、入国査証の申請時にも同様の審査が行われますが、国によっては面接を行って、簡単な日本語がわかるかどうかを調べたり、母国での学歴について聞いたり、留学費用が十分かどうかについて質問したりするようです。その結果入国査証が発給されないと、入学許可書があっても日本に留学できないことになります。次の入学のチャンスを待たなければなりませんので、学校とよく連絡を取って下さい。

【6】フローチャート
入学許可書を得てから来日するまでの手続きの流れを以下の図に示します。参考にして下さい。

フローチャート
YOKOSO! JAPAN
Copyright(C) NEXTAGE Co., Ltd. All rights reserved.